アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

***サプリメントのご購入はサプリメント・ショッピングナビ***
***メタボリック -- 血圧、血糖値、コレステロール、中性脂肪、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント***

悪い脂肪は肌老化を促進!良い脂肪にアンチエイジング効果!!

◎お肌のアンチエイジングに励む女性は、最近は男性も、多いようです。最近の研究によれば、良い脂肪と特定の野菜をたくさん食べることが、若々しい肌を保つ秘訣であるようです。

◎30代以上の女性が最も気にしているエイジングサインの「たるみ」には、なんと脂肪が大切であることが明らかになりました。脂肪、特にオリーブ油に含まれるオレイン酸のような特定の脂肪を多く摂取することで、肌の弾力が増すというのです。

◎また、カボチャやニンジン、ピーマン、ホウレンソウ、ブロッコリーのような緑黄色野菜を多く食べることは、肌のしわの発生を防ぐ効果が期待できるようです。

◎一方、霜降りの牛肉や生クリームたっぷりのスイーツはお肌の大敵です。お肉や乳製品に含まれる悪い脂肪は、しわを増やして肌老化を促進します。

◎岐阜大学大学院医学系研究科の疫学・予防医学分野の教授の永田知里(Chisato Nagata)氏らが、British Journal of Nutrition誌5月号に発表しました。

◎「毎日の食事は、肌老化に影響すると考えられています。しかし、実際のところは、皮膚の状態と食習慣との関係は明確ではありませんでした」と、この研究者は語っています。

◎この研究チームは、脂肪と抗酸化微量栄養素の摂取、およびこれらの栄養物を含む食品グループの摂取と、女性の皮膚の状態との関係を調べることにしました。

◎716人の日本人の女性を対象に、皮膚を観察・評価することによって皮膚の水分量、表面脂質、および弾性を測定して、食事内容との関連を調べました。

◎目尻のしわ、いわゆる「カラスの足跡」の領域のしわの程度を、ダニエルスケールを使用して測定しました。 通常の食習慣は食物摂取頻度アンケートを使用して判定しました。

◎分析は、肥満の程度(BMI)、生涯の日光露出、喫煙状態、年齢を含む皮膚老化に影響する要因で調整されました。

◎脂肪の総摂取量と、飽和脂肪および一価不飽和脂肪の摂取量が多いことは、皮膚の弾性の増加に統計的に有意に関連していました。

◎飽和脂肪は、主に乳製品と牛や豚のような赤肉の脂肪に含まれます。一価不飽和脂肪は主にオレイン酸を意味して、オリーブ油や菜種油(キャノーラ油)に多く含まれます。

◎しかし一方で、飽和脂肪は、その摂取量が増えると、しわの状態が悪化することも分かりました。

◎さらに、ベータカロテンを多く含む緑黄色野菜の摂取量が多い女性は、しわが少ないことが明らかになりました。ベータカロテンは、肌や粘膜、毛髪の健康維持に役立つと考えられています。

◎先の飽和脂肪の摂取と肌のしわの増加の関係は、緑黄色野菜の摂取量で調整後にも変わりませんでした。

◎これらの結果から、毎日の食事で、緑黄色野菜とオリーブ油や菜種油(キャノーラ油)のような植物油を多く食べて、豚肉や牛肉の脂肪、乳脂肪をできるだけ減らすことが、肌の老化予防に役立つといえそうです。

5/26/2010

関連:美しい肌、髪、爪
▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2010 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク