アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入は***サプリメント・ショッピングナビ***でどうぞ!!
***メタボリック -- 血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪値、腹部肥満 -- が気になる方のためのサプリメント***
***プロテイン(タンパク質)のサプリメント***
***アミノ酸のサプリメント***

女性は筋肉の維持にタンパク質食品をたくさん食べて!!

◎中高年の女性は、タンパク質食品をたくさん食べるべきだといいます。

◎女性は、同年齢の男性と比べて、加齢による筋肉の損失を補完することが、かなり困難であることがわかりました。

◎一方、男性は、加齢による筋肉の損失が速いことと、タンパク質を摂取して、運動することで効率的に補えることを示唆しています。

◎男性と女性のタンパク質の代謝の違いは、年配の女性は筋肉を維持するために効率的にタンパク質を使用できないと示唆していると研究者はいいます。

◎ 50 歳以降、人々は毎年、最大 0. 4 パーセントの筋肉量を失います。

◎年配の人々の筋肉量の減少は、移動の能力を低下させて、生命に危険を及ぼす転倒のリスクを増加させます。

◎女性は、中年期の早いうちでさえリスクをもつようです。同じ年齢の男性より、脂肪が多く、筋肉が少ない傾向があります。

◎女性は、男性より筋肉量が少ないですが、加齢による筋肉量の損失は、男性よりゆっくりであることがわかっています。

◎新しい研究は、タンパク質を摂取・吸収した後の代謝の男女差が、この傾向を、部分的に説明することを発見しました。

◎また、タンパク質の摂取が、男性は筋肉の増加に役立ちますが、女性は筋肉を増やすために役立てにくいこともわかりました。

◎米国のワシントン医学部のベティーナ・ミッテンドルファ (Bettina Mittendorfer) 氏らが、 PLOS One 誌に 25 日発表しました。

◎中高年の女性は、肉類や卵のようなタンパク質の豊富な食事をして、筋肉トレーニングをすることが望ましいと研究者はいいます。

◎研究チームは、 65 〜 80 歳の 29 人の男女 -- 男性 13 人、女性 16 人 -- を対象に研究をしました。

◎女性は、男性より、基礎的に、リン酸化 eEF2Thr56 の筋肉濃度が 40 パーセント少なく、筋肉タンパク質合成 (MPS) が 30 パーセント大きいことがわかりました。

◎これは、女性は、男性より、筋肉の損失がゆっくりである理由を、部分的に説明します。

◎また、ウエイト・リフティングのような筋肉トレーニングをした後に、女性は、男性のように筋肉を増やすことができないことがわかりました。

◎一方、男性の身体は、摂取したタンパク質を、筋肉に蓄えて、筋肉を増強するために使用できるようです。

◎タンパク質を摂取した後に、男性だけで、リン酸化 eIF4ESer209 と eIF4E-BP1Thr37/46 の筋肉の濃度が増加しました。

◎これは、タンパク質食品を食べた後に、男性は、筋肉タンパク質合成 (MPS) が増加することを示します。女性はタンパク質を筋肉の増強に利用することが難しいようです。

◎女性の身体が、男性と同じくらい有効に、タンパク質を利用することができないのは、女性の更年期のホルモンの変化が影響していると、研究者は推測しています。

◎更年期の女性は女性ホルモンのエストロゲンが減少します。エストロゲンは、骨量の維持に役立つことが知られていますが、筋肉の維持にも同様の役割をもつようだといいます。

◎これまで、筋肉量の低下に、男女間にどんなメカニズムの違いも発見されていません。

◎ 23 〜 27 歳の若い年齢の男女を対象とした以前の研究は、身体が筋肉をつくる方法における男女の違いはほとんどないことを発見しています。

◎この研究で見られた違い、女性の変化は、更年期になって始まることを示唆しているといいます。

◎女性は、中高年期に入るときに、すでに、男性より筋肉量が少ない傾向があります。したがって、この年代の女性は、タンパク質を多く食べるようにとアドバイスしています。

3/26/2008

関連:アンチエイジング、抗加齢

▲ページの先頭へ



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ

©2005-2008 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*