アライブ!サプリメントカフェ

サプリメント > リグナン、リグニン

サプリメントのご購入はこちらから
*
***セサミンのサプリメント***

リグナン、リグニン

抗酸化作用
老化防止、アンチエイジング
ガン予防
動脈硬化予防

◎植物の細胞壁の原料となる物質です。リグナンがたくさん結合すると、リグニンになり木の幹や種子の皮など、植物の細胞壁を構成する成分の一つとなります。抗酸化作用が強く、老化防止、ガン予防、動脈硬化予防など酸化が関係しているいろいろな病気や不調への効果が期待されています。

◎サプリメントとしてはゴマリグナンのセサミンが有名です。亜麻仁(あまに)などにも多く含まれています。ゴマ油の中には 0.5 〜 1 パーセント含まれています。

◎ゴマリグナンの代表的なものにはセサミン、セサモリン、セサミノール、セサモールなどがあります。

◎リグニンは前述のようにリグナンという物質がたくさんつらなった構造で、細胞同士をくっつけるセメントのような役割を果たしています。ほとんど消化されず、細菌による分解もほとんど受けません。不水溶性の食物繊維に分類されます。シイタケなどのきのこ類は、このリグニンを分解する酵素を持っているので、木材を栄養にして育つことができるのです。ゴマなどもそのままでは消化されずにリグナンをほとんど吸収できません。擦って外皮を破壊すると良いでしょう。

◎リグニンは植物の維菅束細胞壁を構成する成分です。消化管で一部消化(加水分解)され、リグナンになりますが、その一部はエストロゲン(女性ホルモン)様作用を示すエンテロラクトンとなります。

摂取目安量

◎ゴマリグナンの場合は1日10mg(1000粒相当)となっています。

併せて摂りたい栄養素

ビタミンCビタミンE

スポンサード リンク

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp

最新トピックス


関連トピックス

【植物油がコレステロール値と中性脂肪値を改善!?】3/13/2012

*

スポンサード リンク